日本の森を守るために

        

          ☆~☆~ CONFE JAPANの活動 ☆~☆~

 

【これまでの活動】

 ・北海道大雪山国立公園内の国有林における違法伐採の摘発

   ⇒林野庁に実態調査を行わせる成果を生み、今後の違法な乱伐行為の歯止めとなった。

・西中国山地国定公園・細見谷渓畔林を縦貫する大規模林道(緑資源幹線林道)に関わる住民訴訟の支援、

・熊本県天草の路木ダム訴訟の支援 

  ・沖縄県やんばるの森林を破壊する林道建設と皆伐を止める活動と訴訟 

  支援

   ⇒県の事業で、莫大な国の補助金を受けた林道網の整備計画を破綻に追い込み、森林保全に向けて大きな一歩を踏み出す成果を上げてきた。

CONFEが独自に調査・収集した客観的データに基づく、林野庁など国の機関や自治体に対する政策提言活動

  ・アメリカ、イギリスから生態学者を招致し、国際的な森林シンポジウム

   を開催

その他北海道、沖縄でのシンポジウム開催や、森林生態系保全の啓発活動

 

【当面の活動目標】

 1 全国の緊急性の高い森林生態系の保護・保全・再生を目的とする。

特に全国の天然林の保護保全のために、各地の運動、訴訟のための森林調査や支援活動を行う。

 2 特に北海道と沖縄県では、大雪山国立公園を中心に道内の国立公園

   内と沖縄やんばるの天然林の実態を調査し、天然林が保全されるよう

   伐採を中止させるべく、国と沖縄県に対する政策提言を行う。

  

 <具体的な目標>としては、

   国立公園内の天然林伐採を直ちにすべて中止させる

   やんばるに計画されている全ての林道建設を完全に中止させる

   やんばるにおける県有・村有の天然林は伐採せず、保全させる

   国立公園内及びやんばるにおける公有天然林の施業、管理はすべて、木材生産の視点ではなく、生物多様性保全の視点から行われるようにする